原油投資情報サイト

株、ETF、CFD、先物、FXを使って原油に投資するブログ

ETFとETN 原油CFD 原油先物 原油関連統計

アメリカの天然ガス(LNG)輸出量が2017年以降伸びている

トランプ政権になってからアメリカは原油、天然ガスの輸出に力を入れ始めました。特にLNG(液化天然ガス)に関しては、アメリカの貿易赤字の減少に寄与し、しかも同盟国とのエネルギー面での安全保障面の強化に繋がるため、力を入れているようです。大口の輸出相手国はメキシコ、もちろん日本、韓国も輸入量が多いのですが、中国の輸入量は日本より多くなっています。中国としては通商問題解決のためという側面が大きいのかもしれません。

これまでのアメリカの天然ガス先物は、アメリカ国内の需給や気温をチェックすれば、だいたいの値動きが説明できるために原油よりも値動きが読みやすいと筆者は考えておりましたが、最近では輸出入の動向も絡むようになってきたので難易度が上がってきた気がします。

下図はアメリカの天然ガス輸出量と、LNG輸出量の推移です。2017年に入ってから急激に輸出量が増加していることがわかります。

US_Natural_Gas_Export_Monthly

筆者は例年4月頃は、天然ガス先物のサヤ滑り狙いのポジションを構築していますが、今年は例年以上の低在庫状態となり損切りを余儀なくされましたorz

low_level_stock_natural_gas

とは言ってもコンタンゴを維持しているため、CFDでの長期買い持ちは、やはり不利で買いを狙うのはタイミングが重要になりそうですね。

海外先物を使って例年お決まりの天然ガスのサヤ滑りを収益化する
EIA週間統計:天然ガス在庫推移(グラフ)
CFTC建玉明細で原油の投機筋のポジションを読む
U.S. Natural Gas Exports and Re-Exports by Country(生データが無料で得られます)
(広告)天然ガスCFDの取り扱いがあるサクソバンク証券
(広告)天然ガスCFDの取り扱いがあるGMOクリック証券CFD

-ETFとETN, 原油CFD, 原油先物, 原油関連統計